地域若者サポートステーション(通称:サポステ)は、若者から就職氷河期世代(15歳~49歳)の方で、働くことや将来の進路などに悩みを持つ皆さまをサポートしています。

全国に約170か所あり「厚生労働省・岡山県」による公的事業です。

(利用料金はかかりません) 
※一部のセミナーで材料費などの実費負担があります
※岡山県では特定非営利活動法人ワーカーズコープが受託運営しています

国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、精神保健福祉士などの有資格者はもちろん、様々な専門知識・人生経験を持つスタッフが悩みを抱える方々(本人・保護者)の相談にあたります。

「ブランクがあり中々採用されない」

「仕事が長続きしない」

「就活・・・何からはじめたら良いのか分からない」

「バイトから始めたいけど自信がない」など

働く事や将来のプランについて、気軽に相談できる「若者総合相談所」それがサポステです。

ご利用の流れ

( 事前にご予約してくだい )

STEP1

まずは「電話」もしくは「メールフォーム」よりお気軽にお問合せください。最初の個別相談の日程調整をします。

STEP2

サポステ相談員が現在のあなたの現在の状況や悩み事などをお聞きします。

STEP3

ご相談内容をもとにサポートプランを一緒に考えます。必須ではありませんが色々な「セミナープログラム」をご用意していますので積極的にご活用ください
また、地域の企業様のご協力により「職場見学」や「職場体験」も可能です。